当院のタトゥー除去の特徴

当院のタトゥー除去の特徴

こんなお悩みありませんか?

不安過去に入れてしまったタトゥー・入れ墨を、家族や大切な人からの反対、子供の誕生、就職をきっかけに消したいと思うけれど…

  • 本当に消すことができるのか不安
  • どんな方法で消すのか分からない
  • どこに相談したらいいのか分からない
  • 痛みの少ないタトゥー除去を探している
  • 大きなタトゥー、カラフルなタトゥーなので消せるのか心配
  • こんな場所のタトゥーって消せるのかな?
  • 短期間で消したい
  • 長くかかってもいいから、できるだけきれいに消したい

当院が取り組む、患者様のご希望一つ一つに向き合う除去法

カウンセリング当院は、これまで数多くのタトゥー・入れ墨除去を行い、また患者様のご満足のいく結果を出し続けています。さまざまな種類のタトゥー・入れ墨の方を診療し、高度なノウハウを構築することができました。
大きなもの、カラフルなものの除去、短期間での除去、あるいは長い期間がかかってもいいからきれいに除去したいというご希望一つ一つに向き合います。新しい除去法のご提案、複数の除去法を組み合わせたご提案も可能です。

当院のタトゥー・入れ墨除去

切除法

タトゥー・入れ墨を切り取り、周囲の皮膚を縫い合わせる手術にて除去します。もっとも一般的な除去法です。
幅の狭いもの、小さな絵柄のものであれば、この方法で除去することができます。また、短期間で、確実に除去できるのもこの方法の特徴です。

Qスイッチヤグレーザー

瞬間的に高パワーのレーザーを出力できる「Qスイッチヤグレーザー」という機器を用いた、切開の要らないレーザーによる除去法です。
タトゥー・入れ墨周辺の皮膚を傷めることなく、徐々に薄くしていきます。完全除去までには、数回の通院・施術が必要となります。

皮弁法

傷跡の目立ちにくい形成外科手術にてタトゥー・入れ墨を除去します。
切除した皮膚のあったところに、隣の皮膚をずらして被せて縫合します。比較的傷跡が目立ちにくく、また切除法よりも大きなタトゥー・入れ墨を除去することが可能です。
ただし上腕など、適用できる部位は限られています。

植皮法

患者様ご自身の身体の一部から、皮膚を移植するタトゥー・入れ墨の除去法です。
大きなタトゥー・入れ墨を除去できます。火傷などの傷跡修復の際に用いられる方法で、形成外科の技術と知識を持ち合わせている医師でなければ難しいでしょう。安全に除去するために、手術を2回に分けることもあります。

タトゥーアウェイ

色素を薄める薬剤を注入し、タトゥー・入れ墨を徐々に薄くしていきます。完全除去までにはある程度の期間を要しますが、肌を傷つけにくく、またタトゥー・入れ墨の色に関係なく効果があります。Qスイッチヤグレーザーの照射と組み合わせて行うことで、施術期間の短縮が可能です。

院長からのメッセージ

院長当院に来られる患者様はさまざまです。タトゥー・入れ墨の大きさ、状態も一人一人異なり、またそれに合わせた除去法をご提案しております。
施術前に行うカウンセリングでは、どんな方法ができるのか、どんなメリット・デメリットがあるのか、術後はどんな見た目になるのか、きちんと説明させていただきます。その上で、患者様にとっての最適な切除法を決めていきます。
形成外科、美容外科の専門医として、これまでに培ってきた技術と知識を多くの方のために使いたいと、このサイトを作りました。カウンセリングからアフターフォローまで一貫して私が行いますので、安心してご相談いただければと思います。